ジャズ入門~いきなり「最高傑作」を聴くとジャズ嫌いになるかもしれない

絵の知識や造詣のない人が、いきなりピカソの「ゲルニカ」や「泣く女」を見て「最高傑作!」と感じることってあまり無いような気がします。

いや、直感的に素晴らしさを感じ取り、魂が震える人も中にはいるかもしれませんが、ごくごく少数な気がします。

そもそも、ピカソのほかの絵を知らない人が初めて見た最初のピカソの1枚の絵を見ただけで「(ピカソの)最高傑作」と言えるわけありませんからね。

ジャズにおいても同様です。

ジャズの入門書を紐解くと、最高傑作、代表作、問題作などの文字のオンパレードです。

『至上の愛』⇒ジョン・コルトレーンの最高傑作

『アセンション』⇒ジョン・コルトレーンの問題作

『直立猿人』⇒チャールス・ミンガスの代表作

『ビッチェズ・ブリュー』⇒マイルス・デイヴィスの問題作

『ジャズ来るべきもの』⇒オーネット・コールマンの問題作

『ブリリアント・コーナーズ』⇒セロニアス・モンクの最高傑作

などなど。

もちろん、上記アルバムは最高傑作だったり問題作とされる理由はそれなりにあるわけで、一概に否定をする気はまったくありません。

むしろ、その通りだと思います。

しかし、これらジャズマンの他の作品を聴かずに、いきなり「最高傑作」的なるものを聴いたところで、「どこが最高傑作なの?」となるのではないでしょうか?

最高傑作というのは、いうまでもなく最高の作品。

「高」という文字から山登りを引き合いに出しますと(?!)、富士山を登ったことがない人が、いや、それどころか高尾山や六甲山すらも登った経験のない人が、世界最高峰のエベレストにいきなり登山するようなものです。

楽しみよりも苦しみのほうが大きいのではないでしょうか?

最初から最高のものを味わいたいという気持ちも分かりますが、表現者の語り口、表現者の特徴などを理解しないまま、いきなり最高のものに接しても、その良さを分からずじまい、いや、それどころか「どこが最高なんだよ?!もうこの人の音楽聴くのやーめた!」という勿体ないことになりかねません。

ジャズは個性の音楽ですので、表現者一人ひとりの語り口、表現には特徴があります。

ですので、彼らの表現スタイルを理解した上で、「最高傑作」を耳にしたほうが、「なるほど、この人のスタイルが登りつめた結果、こういう作品になったのだな!」と腑に落ちる可能性が高まります。

たとえば、ジョン・コルトレーンならば、圧倒的な音数でバイタリティ溢れるテナーサックスを吹くことが大きな特徴のテナーサックス奏者なので、『ジャイアント・ステップス』や、『ソウル・トレーン』を聴いたほうが、彼の特徴と音楽の素晴らしさが一致しているので入門者は楽しめると思います。

また、ベーシスト、チャールス・ミンガスは《直立猿人》よりも、もっと魅力的かつ分かりやすい名曲をたくさん書いている作曲家でもあるので、彼の個性と太いベースの特徴が分かりやすい形でバランスよく収録されている『ミンガス・アー・アム』のほうが初心者にはおすすめです。

マイルス・デイヴィスの『ビッチェズ・ブリュー』は、ジャズよりもむしろロックやファンク、プログレ好きの人が聴いたほうが一発で虜になる可能性を秘めた名盤ですが、ことマイルス・デイヴィスのトランペットの魅力を味わうのであれば、このアルバムはアンサンブルやサウンドテクスチャーが魅力なところもあるので、『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』のようなアルバムを聴いたほうが、マイルスのデリケートかつ大胆なトランペットプレイの魅力、個性を味わえるのではないかと思います。

オーネット・コールマンの『ジャズ来るべきもの』は、当時は問題作と騒がれていたようですが、現在聴けば、比較的普通のジャズのように聞こえますし、いったいどこが問題作だったんだ?と首をひねる方も多いと思います。

ですので、この作品の場合は、ふつうに接していただければ、オーネットの魅力やセンス、美学、語り口が凝縮されていますので、入門アルバムとしても良いのではないかと思います。

むしろ「問題作」という三文字が余計な先入観を生み、「聴いてみよう!」という気持ちを萎えさせている要因なのではないかと思うほどです。

これは、珍しく「問題作」でありながらも「入門盤」にも相応しいアルバムといえそうですね。

最後に、セロニアス・モンクの『ブリリアント・コーナーズ』。

これも、最初に聴いた人は、「いったい、これのどこが最高なの?」と感じることでしょう。

詳しくは、こちらをお読みいただきたいのですが、セロニアス・モンクというピアノの独特さ、特徴を知りたければ、最初にこのアルバムを聴くよりも、むしろ『セロニアス・モンク・トリオ』を聴いていただいたほうが、彼のユニークさを分かりやすく体感できるのではないかと思うのです。

このように、いきなり「最高傑作」を聴いて、一気に「わかった気分」になってやろうと意気込まずに、もう少しゆっくりと外堀を固めながら、じっくりと味わっていったほうが、結果的にジャズに挫折することなく、長く楽しめるようになれるのではないかと思うのです。

ま、こういうことって、ジャズに限らずどの分野においても同様な考えはあてはまるとは思いますが。

無免許の人が、いきなりF1乗ろうとするとか、
投資経験無しの人が、いきなり先物取引に手を出すとか、
彼女いない歴が人生歴と等しい人が、いきなり女優を口説こうとするとか、
四則計算の計算問題をよく間違える人が、いきなり微分・積分に手を出すとか。

それと同様、あんまりこういう言葉は使いたくはないのですが、ジャズにも「段階」のようなものがあると思うんですよ。

この「段階」を踏み違える人が、いわゆる「ジャズに挫折する人」です。

このブログでは、初心者向けの作品もいろいろと紹介していますので、自分が楽しめそうな作品を見つけていただき、素敵なジャズをお楽しみください!

カサンドラナイト。すんごいメンツのすんごい演奏!

ウディ・ショウの隠れ名作!

なんと、ハロルド・ヴィックがテナーサックスのみならずフルートでも参加していることもかなり珍しいといえば珍しいのだけれども、

以下のメンツを見て、ジャズ心が疼きまくって涎が垂れなきゃ嘘っしょ!?ってぐらい豪華なメンツなのであります。

テナーサックスにはもう一人、
ジョー・ヘンダーソン!
w(゚ロ゚;w

ピアノは、ハービー・ハンコックだったり、ジョージ・ケイブルスだったり、ラリー・ヤングだったりと。
w(゚ロ゚;w

ベースは、ポール・チェンバースが参加しているナンバーもあれば、セシル・マクビーが参加している曲もある!
w(゚ロ゚;w

それに、ドラムスがジョー・チェンバースでしょ?!
w(゚ロ゚;w

新進気鋭のメンバー(当時)ばかりじゃないですか?!
チェンバースは、まあベテランの域でしょうけど。

それに、ジョー・ヘンダーソンの代表的アルバムの目玉ナンバーの《テトラゴン》も演奏されているし、もう、なんというか、言うことなしのスンゴい音源なのであります。

ジャズ アーティスト お気に入りを見つけるためのおすすめ本

ジャズを聴こうにも、こうもアーティストの数が多すぎると、誰から聴けば良いのかわからない!

おそらく、多くのジャズ入門者はそうお感じになられると思います。

私もそうでした。

とにかく、レコード屋(当時はCDショップではなくレコード屋でした)のジャズコーナーに行くと、輸入盤独特の香りの空間の中、見知らぬアーティストたちのジャケットに囲まれ、いったいどこから手をつけてよいのか途方に暮れた記憶があります。

このジャズコーナーで、手慣れた手付きでエサ箱漁り(レコード探し)をしている人たち全員が、別世界に住む怖い異次元人に見えたものです(じつは今でもCDショップのジャズコーナーで真剣な表情でアルバム探しをしている人を見るとそう感じます)。

そこで私がとった方法は、初心者向けのガイド本を購入し、とにかく著者がおすすめしているアーティスト(ジャズマン)を、1から順に集めていくこと。

この際、好き嫌いなどは無視して、とにかくできるだけ本で紹介されたアーティストのアルバムを一人のジャズマンに偏らないように幅広く買っては聴く、買っては聴くを繰り替えしていました。

好き嫌いは無視してと書きましたが、そもそも未聴なので好きも嫌いもないんですけどね……。

私が頼りにしていたガイド本は、油井正一先生の『ジャズ―ベスト・レコード・コレクション』と、後藤雅洋マスターの『ジャズ・オブ・パラダイス』でした。

もちろん、他の書籍も参考にはしていましたが、購入したアルバムのページにシルシをつけていたのは上記2冊でしたね。

とにかく穴が開くほど本の活字を読み込み、聴きたいアルバムの優先順位をつけ、それをメモって売り場に行くのです。

もちろん、お目当てのアルバムが店頭にない場合も多いです。

そういう時は、優先順位の2番を、それもなければ3番目を探して買っていくわけです。

そして帰宅後、はやる気持ちをおさえながらCDの封を切り(当時は輸入盤ばかり買っていたので)、買ったアルバムの解説が書かれている活字を読みながら、じっくりと耳を澄ましていました。

しかし、インターネットがある今、というよりYouTubeがある現在、そんなまどろっこしいことをする必要はなくなりましたね。

自宅で気軽にYouTubeで「視聴」することが出来ますから。

ほか、アマゾンなどの会員になっていれば、かなりの量をカバーすることが出来ます。

もちろん、聴きたい音源を探せない場合もあるかもしれませんが、「いわゆるジャズの名盤」かつ「代表作」と世間的に認知されているもののほとんどはアップされているように思います。

しかし、問題はどういうキーワードで検索するか、ですよね。

アーティストの名前やアルバムタイトルが分からなければ、YouTube上で検索しようがありません。

そういう場合は、やはり書籍に頼ったほうが良いと思います。

もちろん、ネット上ではジャズ入門を謳ったサイトやブログはたくさんありますが、私の見た限り、こう言っちゃ大変失礼なのですが、薄くて浅いものな多い気がします。

なんというか、かけ算の九九にたとえて見れば、9の段までは暗記していないけれども4の段まではマスターしている小学生が、まだ1の段に手こずっているクラスメイトに覚え方を教えているような感じなのです。

つまりは、入り口より数歩は奥に踏み入れた人が、まだ入り口手前で手招きをしているような感じ?
……このもどかしい感じ、うまく言えなくて申し訳ないのですが。

もちろん、かなり熱のはいった紹介と、この人はホンモノだ!と思わせる紹介ページもあるのですが、全体的にはごくごく少数です。

ですので、やはり編集者(いわばプロの第三者)の手がはいった書籍を一冊ガイド代わりに活用したほうが、「おいしいジャズ」にありつけ、かつ「楽しみ」に到達するまでの時間が短いと経験的には感じるんですね。

ではオススメの本は?となると、先述した上記2冊がおすすめなことは言うまでもありませんが、少々古いことも否めません。

であれば、比較的最近出版され、かつ興味を持ってもらえる構造、構成になっている本を2冊挙げるとしたら、まず一冊めには、後藤雅洋氏の『一生モノのジャズ名盤500 (小学館101新書)』をオススメしたいと思います。

50年以上もの長きにわたり四ツ谷のジャズ喫茶「いーぐる」のマスターをされてきた後藤さんのたしかなセレクトと、数多くのジャズの書籍、レビューを手掛けてきた経験に裏打ちされた、わかりやすく初心者のツボを確実にとらえるテキストが魅力です。

何をかくそう、後藤さんは私が学生時代にアルバイトをしていたジャズ喫茶のマスターですので、ジャズへの思い入れの強度、腕ずくでも相手を快楽ジャズ地獄へと引きずり込まずにはいられない腕力の強さは私自身よ~く知っていますから、誰でもきちんと読めば、きちんと期待に応えてくれる内容なはずです。

口うるさいジャズマニアから、何もしらない初心者まで多くの音楽好きを相手にされ、さらに初心者を対象にしてお書きになられた原稿のテキスト量も、おそらく日本一でしょう。

いつだったか、閉店後のお店で「雲ちゃん、俺は初心者だからって手は絶対に抜かないし、いつだって俺はガチだよ! 半端な気持ちでジャズ評論書いたことはこれまでただの一度もないよ」と仰られていましたが、そのような気概と矜持をお持ちの方が書かれた入門者向けの本なのですから、必ずや有効なガイドとなってくれることは間違いありません。

とはいえ、この本での後藤さんの語り口は一環としてマイルドで優しいのでご安心を。

個人的には『ジャズ・オブ・パラダイス』の少々攻撃的で辛口な文体のほうが好きなのですが、これはまあ想定したターゲットの違いでしょう。
『ジャズ・オブ・パラダイス』は、今おもえば、ある程度ジャズを聴いている人に向けて書かれた内容の本だったのかもしれません。

とにもかくにも、この本に紹介されているジャズマンの名前やアルバムタイトルを手掛かりに、音源を検索して聴き始めると良いのではないかと思います。

必ず「おお、これは!」と胸高鳴るジャズに出会えることでしょう。

そして、もう一冊。

手前味噌で申し訳ないのですが、拙著『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』がおすすめです。

自分で言うのもおこがましいのですが、けっこういい本だと思います(笑)。

私がこの本を書いた時は、もうすでに書店の音楽本コーナーにはジャズ入門の本があふれかえっていました。

しかし、そのような中でさらに「入門書」を世に送り出すとしたら、従来の入門書とは異なるアプローチが必要です。

ですので、あえて「擬人化」「レトリック」を前面に押し出したコンセプトで入門書を書いてみました。

なぜかというと、ジャズは人で聴く音楽、ジャズは人の個性で聴く音楽です。

そして、ジャズマンには個性的な演奏をする人が多く、逆に没個性的な演奏をする大物ジャズマンはいません。

この個性を掴んでしまえば、ジャズが急速に身近なものに感じられるものなのっです。

ですので、中小企業の社長、営業マン、技術開発主任、飲み屋のオヤジ(笑)などと、「働くおじさん」にジャズマンをなぞらえて解説したのがこの本なのです。

取り上げているジャズマンは、誰もが認めるジャズジャイアンツばかりなので、この本で紹介したアーティストを順に聴いていくだけで、おおまかなモダンジャズの見取り図はイメージできるのではないかと考えています。

いずれにしても、あくまで私の考えではあるのですが、ジャズに入門したい方は、手当たり次第にネットサーフィンをしまくるよりも、一冊、古本でもいいので廉価で購入したジャズ本を傍らに一冊置きながら、好みのジャズ探しをしたほうが、ジャズを心から楽しめる境地に早く達することが出来るのではないかと考えています。

お試しあれ!