リー・モーガンの姉

トランペッター、リー・モーガンは、女性の銃弾によって亡くなりましたが(射殺)、ジャズマンとしてのキャリアを歩みだすきっかけも女性によって作られた(導かれた)ものでした。
その女性は、アーネスティン・モーガン。
リー・モーガンの姉です。
彼女は、ピアノ、オルガンを嗜み、さらにジャズ愛好家でした。
チャーリー・パーカーやバド・パウエルが地元のノースフィラデルフィアにやってきた時に、弟のリーを連れて演奏を見に行ったりもしていました。
さらに弟の14歳の誕生日にトランペットをプレゼントしたのも彼女でした。
くわえて、モーガン家は音楽好き一家でもあり、父親のジャズレコードコレクションはかなりの枚数だったようです。
もちろん、トランペッターとして天賦の才をリー・モーガンは持っていたのでしょうが、彼の才能が開花するための環境が、彼が生まれ育ったノースフィラデルフィアには整っていたということも見逃せません。
このようなことを語った動画をアップしました。

リー・モーガンの姉について、そして彼が生まれ育った町、フィラデルフィアについて15分ほど語っていますので、ご興味のある方はご覧ください。

コメントする