デックスの『モンマルトル・コレクション』がいよいよ再発!

デクスター・ゴードンの2枚組ライブ盤、『モンマルトル・コレクション』が再発されます。
私も、これ大昔に買ったのですが、もうCDケースの透明プラスチックがガビガビ。
ついでにCDの鏡面もガビガビっぽいところがあるので、買いなおそうかどうしようか思案中。
なにしろ、このライブ、良いのですよ。
収録曲は下に記しておきますが、大スタンダードのオンパレード。
饒舌かつエレガントなケニー・ドリューのピアノの好サポートを得て、1曲ごとにボリュームたっぷり、お腹いっぱいの、太っ腹充実度を誇る演奏が繰り広げられます。
正直、このアルバムのCD2枚ぶんを一気に聴きとおすのは、なかなか大変ではあるのですが、その日の気分で、「今日は2枚目」とか「今日はバラード系中心で」というように、テーマを決めて数曲単位でじっくり聴いていけば、長らく楽しく付き合えるのではないかと思います。
なにしろデックス特有の崩しとか諧謔がはいっているにせよ、基本は曲の輪郭を大切にした吹奏なので、ジャズのスタンダードのメロディを追いかけたい初心者にも最適。
私もそうでしたが、初心者が「?」となることのひとつに、スタンダードナンバーの原曲のメロディがよくわからないということがあるじゃないですか?
⇒なぜなら、聴くアルバムによっては、ジャズマンがかなり崩しを入れて演奏しているから。
しかし、ここでのゴードンは、もちろんゴードン流の解釈はあるにせよ、基本は原曲のメロディを大切にしたテーマ処理が大半なのですね。
なので初心者にも優しいアプローチなのです。
ちなみに、名曲の《ミスティ》は、多くの歌手が歌ってきたナンバーではありますが、意外とサックス奏者が吹く《ミスティ》って聴いたことがないという人も少なくないのでは?
そういう方には、このアルバムのゴードン流、暖かくて悠々とした《ミスティ》をおすすめしたいですね。
とにかく、コクのある演奏が、ぎゅっと圧縮、凝縮された2枚組なのです。
disc1
1. ソニームーン・フォー・トゥ
2. フォー・オール・ウィ・ノウ
3. デヴィレット
4. ドキシー
5. ライク・サムサン・イン・ラヴ
6. ボディ・アンド・ソウル
disc2
1. 貴方なしでは
2. ブルース・ウォーク
3. 降っても晴れても
4. ミスティ
5. バット・ノット・フォー・ミー
6. A列車で行こう
記:2020/02/14

コメントする