《コンファメーション》マイ・ベスト5曲

私が好きなパーカーナンバー《コンファメーション》。

しかし、パーカー以外のジャズマンが演奏した《コンファメーション》の中で「すごくイイ!」と感じる《コンファメーション》って、じつは少ないのです。

《コンファメーション》の進行(コード進行)を借りて上物のメロディが違う演奏であれば、素晴らしい演奏はたくさんあるんですけどね……。

ですので、今回は、それも含めた《コンファメーション》ベストを選び、語ってみました。

1つだけセレクトした演奏を挙げると、トミー・フラナガンの『エクリプソ』収録のバージョンですね。

エルヴィン、ムラーツと組んだピアノトリオの演奏が、なんと溌剌としていることか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です