ひとくに《ラヴ・フォー・セール》といっても……

ひとくに《ラヴ・フォー・セール》といっても、オーソドックスな演奏から、奇妙きてれつな演奏まで、さまざまなタイプの演奏があります。

個人的におすすめな演奏、歌唱、興味深い演奏をセレクトして動画で語ってみました。

個人的には、セシル・テイラーというピアニストのファンではあるのですが、どうしても初期のガチャガチャした《ラヴ・フォー・セール》は、興味深い演奏といえばそうなのですが、いまひとつ好きになれないんですよね。

世間的にはセシル・テイラーの『ラヴ・フォー・セール』といえば、珍盤、通ウケ盤として有名ではあるのですが、皆さんはセシルの《ラヴ・フォー・セール》はどう響くでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です