シャドウズ・アンド・ライト ジョニ・ミッチェル

その昔、ジャコ(・パストリアス)のベースを聞くために
買ったにもかかわらず、
最近久々に聴いてみると、
もちろんジャコのベースも変わらず良いのですが、
メセニーのギターも良いし、
ブレッカーのサックスも凄いし、
ライル・メイズのキーボードもツボ押さえてるし、
ドン・アライアスのパーカッションも頑張ってるし……と、
要するに全員素晴らしいのです。
今考えてみると、スーパーメンバーの集まりですね。
もちろん、そんな「超」のつく人たちを
伴奏陣にしたがえて、
スタイルを崩すことなく毅然と歌うジョニ・ミッチェルが一番凄いのですが。
シャドウズ・アンド・ライト
シャドウズ・アンド・ライト
▼収録曲
Disc 1
1. イントロダクション
2. フランスの恋人たち
3. イーディスと親玉
4. コヨーテ
5. グッバイ・ポーク・パイ・ハット
6. デ・モインのおしゃれ賭博師
7. アメリア
8. パット・メセニー・ソロ
9. 逃避行
Disc 2
1. 黒いカラス
2. ドン・アライアス・ソロ
3. ドリームランド
4. パリの自由人
5. バンド・イントロダクション
6. フュリー・シングス・ザ・ブルース
7. ホワイ・ドゥー・フールズ・フォール・イン・ラヴ
8. シャドウズ・アンド・ライト
9. ゴッド・マスト・ビー・ア・ブギー・マン

テンダー・フィーリンズ デューク・ピアソン

さりげなく、じわりと良さが染みてくる
ピアノトリオの名盤だと思います。
あまり有名じゃないけどね。
だからといって通がうなるピアノというわけでもなく、
この派手すぎず、控えめながらジンワリとくるテイストは、
初心者の方にも十分伝わるし、感じられるはずだと思いますよ。
やっぱり午前3時に録音されたという《3 A.M.》がいいなぁ~。
テンダー・フィーリンズ
テンダー・フィーリンズ
▼収録曲
1. ブルーバード・オブ・ハピネス
2. アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー
3. アイ・ラヴ・ユー
4. ホエン・サニー・ゲッツ・ブルー
5. ザ・ゴールデン・ストライカー
6. オン・グリーン・ドルフィン・ストリート
7. 3 A.M.
▼こちらのページにレビューを書いています。
カフェモンマルトル

クリスチャン・マクブライド People Music

個人的にはジャケットもすごく好きです。(・∀・)b
People Music [輸入盤]
People Music
こういうストレートアヘッドで、
パンチのある4ビート、
最近は、たくさんあるようで意外と少ない……。
オーソドックスかもしれないけど、
実力の伴ったオーソドックスさは
いつの時代も不変です。