本田竹広の「ピアノ力」に圧倒させられる『サラーム・サラーム』

これはかなり凄い!

ガンガン迫ってきます。

ガツンときます。

まいった!!!

ということで、本田竹広の『サラーム・サラーム』について語った動画をアップしました。

マッコイ・タイナー、ダラー・ブランドの影響をうけつつも、やっぱり弾く人が違うと、こうも違うのか、と。

スタイルと表現は違うのだなということを改めて考えさせてくれるアルバムです。

アップテンポがキマる!ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングズ

スタンダードナンバー《ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングズ》の解説動画をアップしました。

おすすめの名演も3バージョン紹介しています。

個人的には、やっぱりアル・ヘイグ・トリオかなぁ。

アップテンポだとカッコいい曲なんですよね。
高速かつ驚異の安定感のビル・クロウのベースが素晴らしい!

Jazzスタンダード《ホワッツ・ニュー》解説

ジャズのスタンダードの定番中の定番、名曲で名演も多いスタンダードのひとつ《ホワッツ・ニュー》を紹介しています。

ヘレン・メリルに、マクリーンに……

よろしければお聞きになってください。

個人的に好きなのは、ダグ・ワトキンスが奏でるベースの《ホワッツ・ニュー》ですね。

ジャズ・メッセンジャーズの『アット・ザ・カフェボヘミア』の未発表テイクとして、CDに収録されています。